2007年07月18日

it 資格 認定 資格 一覧表

資格といっても、合格率2パーセント程度の難易度の高い国家資格から、取ってもほとんど役に立たないと言われる趣味的な民間資格まで、多種多様です。


 人気のある資格にはどのようなものがあるのでしょうか?


 まず、「その資格を取得したら、独立開業が可能」であり、しかも、高収入が期待できるもの。


 医師などの「医療系」をはじめ、弁護士、弁理士、司法書士、行政書士、税理士、公認会計士等々の「法律系」がそれに当たると言えるでしょう。

 しかし、当然ながら、志望者も多く、特に法律系は、いずれも超難関となっています。


 また、独立開業とまではいかなくとも、取得していれば「就職に有利」な資格も高い人気を誇っています。


 就職に有利かどうかは、志望する仕事の分野によって異なってくるため、一概には言えません。


 例として、IT関連の人気資格なら、システムアナリスト、シスアド、プロジェクトマネージャ。法的な資格ではありませんが、PMPも、社会からの評価は高いものの一つです。


 英語が必須の外資系なら、TOEICでのハイスコア。事務職なら、日商簿記検定やパソコン検定、マイクロソフトオフィススペシャリスト(旧MOUS試験)などでしょう。



 分野別にみると、近年は、高齢化社会によるニーズの高まりにより、福祉系も人気分野の一つ。

 また、医療関係の分野も、社会的信頼の厚い国家資格であるものが多く、安定した人気があります。


 やみくもに資格を取得する「資格マニア」も存在しますが、まずは、就職に活かす場合は、自分の進みたい分野と職業にしっかり狙いを定めて、その分野での社会的評価が高い資格を選ぶと良いでしょう。




国家資格一覧(24日付)
必要なもの) 修業(卒業)証明書 資格認定証明書写し(専任技術者分) 実務経験証明書 指導監督的実務経験証明書 令3条に規定する使用人の一覧表 資格認定証明書写し(国家資格・監理技術者分) 令3条に規定する使用人の略歴書 定款(共同組合等は構成員 ...(続きを読む)



posted by 資格ITについて at 14:47 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。