2007年07月18日

it 資格 難易度 ccna

医療系の資格試験は、人気が高い分野のため、多くの人が受験します。


 医療系の資格試験にはどんなものがあるのでしょうか?


 医師、薬剤師、保健師、看護師、救急救命士、歯科衛生士などは、スタンダードな医療系の国家資格です。


 他にも、診療放射線技師、臨床検査技師、理学療法士、あん摩マッサージ指圧師、柔道整復師等々と、資格の種類は多岐に渡ります。


 栄養士については、資格試験がなく、指定された学校を卒業すると、自動的に免許が与えられますが、医療系の主な資格は概ね、国家試験を受験する必要のあるものが多くなっています。


 そのため、まずは、国が指定した養成機関に入学することが、受験資格を得る早道となっていると言えるでしょう。


 養成機関には、大学や短大、専門学校等などがあります。学科によっては、入学試験がかなりの高倍率になるところもあります。



IT系の資格
IT系の資格彼がSEをしていて、ちょこちょこ資格試験を受けているのですが、私はその分野にはとても疎いので、質問させて下さい。今までに、☆CSAに合格、次はCSE合格を目指す☆MCDSTを取得☆MCSA、MCSE、MCITP取得(合格?)を目指す(↑MCSAまで残り2つ、MCSEまで残り5つ、と言っていました)☆情報処理試験も受験予定☆LPICのLevel1かCCNAを受けようかどうか考え中みたいなことを話していたんですが、これらの試験は、通常どれくらいの時間をかけて取得していくものなのですか?情報処理試験は、確か年に1回くらいしかない試験ですよね?彼は、20代後半(院卒)、もうすぐ入社3年目になるSEです。このような資格試験と言うのは、若いうちに沢山取るものなのでしょうか?それとも30代になっても40代になっても、永遠と続くものなのですか?彼はあまりお休みの日は仕事や試験の話をしたがらないので、教えて頂けたら嬉しいです。(続きを読む)




ベンダー資格に関する彼是
『CCNA とは、Cisco Certified Network Associate の略で、シスコシステムズ社による ベンダー資格です。CCNA は、世界共通の資格で、世界中どこで受験しても、またどの言語 の試験を受験しても、世界的に通用する資格として認められています。 ...(続きを読む)



posted by 資格ITについて at 20:03 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。