2007年08月20日

it 技術 資格

資格を取ろうとするとき、その資格が、「就職、転職に有利な資格であるかどうか」という観点は見逃せないでしょう。


 しかし、職種や仕事の分野によって、“持っていると有利な資格”というのは千差万別です。


 IT業界ならシスアド、不動産業界なら宅建(宅地建物取引主任者)、金融業界ならファイナンシャル・プランナー、旅行業界なら一般旅行業務取扱主任者等々、有効であると言われる資格は多岐に渡ります。


 それでは、医師、弁護士、司法書士、税理士等々の、独立開業可能な超難関の国家資格は別として、一般的には、どんな資格を持っていると、就職、転職に有利と言えるのでしょうか?


 ビジネス系資格としては、英語力判定のTOEICで700程度のスコア、日商簿記検定2級以上、英検(実用英語技能検定)1級、秘書検定1級あたりが、社会的に信頼を得ている資格として挙げられるでしょう。概ね、どんな業種にも通用するものです。


 事務職の場合は、パソコン検定(P検)、MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)など、実戦力としてのスキルが評価されるものが、就職、転職に有利な資格と言えます。


 就職・転職を考えるならば、社会的評価の高い資格は、取得するに越したことはありません。

 しかし、資格取得は、一定の知識・スキルの証明にはなりますが、それだけで採用が決まるものではありません。


 実務経験や豊かな人間性、やる気が伴ってこそ活きるものだということを忘れずに、目標とする資格の取得に励んでいただきたいと思います。


緊急)Javaができるようになったという証明?ってどんなのがありますか。
緊急)Javaができるようになったという証明?ってどんなのがありますか。前にも質問したんですが、目標「Javaのスキルをあげる」みたいなことを書くんですが達成基準で悩んでいます。今の業務そのものに関係ないのですが自分のIT技術の向上が目的です。何か「これができるならjavaが上達したっていえるね」っていう目標ないでしょうか?資格取得以外、ということになりますが・・・。たとえばこんなのは?っていうのあったらおしえてくだしあ。ちなみに、Javaは初心者です。これから独学でやるので、これができたら少しは成長した、といえるような目標がほしいのです。(続きを読む)




技術士試験の変化、資格試験の勉強方法、など気ままに
・技術士試験の変化。技術士という資格はここのところ資格試験が大きく変化しました。資格試験の内容が大きく変わったこともありますが、昔は任意であった一次試験の受験が、二次試験の受験条件となったことが、受験者に最も影響が大きい変更点だと思い ...(続きを読む)



posted by 資格ITについて at 14:36 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。