2007年09月07日

転職 it 資格

看護師の資格は、医療系の資格の中でも、突出して人気があります。


 高齢化社会の影響や医療技術の高度化に伴って、看護師のニーズは高まっており、活躍の場は広がってきています。


 看護師の資格は国家資格であり、国から指定されている養成学校を卒業すると、その受験資格を得ることができます。


 看護師の養成学校には、看護大学や短大の看護科、看護関係の専門学校などがあり、入学試験は比較的高倍率となっています。


 ただ、養成学校さえ卒業できれば、看護師の国家試験の合格率は90%以上。国家試験の中では、合格しやすい試験だと言えるでしょう。


 また、これ以外にも、中学を卒業して、准看護師等を経て国家試験に臨む選択肢もありますが、あまり一般的ではありません。


 資格を取るための国家試験は、年に1回、全国の主要都市で行なわれます。


今の状態から、どうしていったらよいでしょうか?
今の状態から、どうしていったらよいでしょうか?僕は28歳、男ですが、ほぼ新卒と同じ状態です。大学入学時に1年浪人し、在学中に1年留年。その後、それを取り返そうと、中小企業診断士の勉強を2年しますが、不合格で、挫折。その後、ITスタッフ派遣企業に入社しますが、面接の時、3ヶ月の自社研修をするという事で入社を決めたのですが、研修も自社で本を読んで、自分たちで勉強するだけ、というスタイルで、3ヶ月の研修予定も、実際は1ヶ月しかなく、1ヶ月で派遣先に派遣され、3ヶ月間、電話応対と、エクセルの顧客リストを編集するという業務の経験しかありません。このままでは何のスキルも身につかないと感じ、派遣期間終了後に退社。その後、会社経営をしている父が、ある上場企業と提携し、美容院にフェイシャルエステを導入する事業を始めるという事で、その新規顧客開拓営業マンとして、父の会社に入社しました。ところが、ここでも、その事業の企画自体は提携会社によるもので、うちの会社はその営業を担当するという事業だったのですが、提携会社での研修もまるでなく、その企画自体の説明も書類での説明のみで、いわば商品(事業)知識も書類で勉強しただけで、営業マン研修も何もありませんでした。父の会社でも、営業のノウハウが何もなく、かつ私1人に完全に任せられていて、私はDMの送り方も知らなく、ネットなどで調べたりしましたが、よくわからなく、結局、飛び込みのみでやっていた状態でした。右も左もわからないまま、半年程やりましたが、1件も契約が取れず(高額な契約という事もあったのですが)父から事業撤退を申し渡され、それに伴い退社しました。現在、無職で、これから、この年齢で、どうしていこうか、頭を抱えています。営業は向かない事がよくわかったのですが、事務の資格も何もないし、営業でも、何のノウハウも身についてなく、何かの業界の経験も、ほぼ皆無に等しい。そもそも、社会人としての基礎が全くありません。これからどうしていけばよいか、途方にくれています。なおかつ、転職活動をする資金も足りないので、何とかしたいのですが、派遣社員で営業をやってみようかと思ったのですが、やはり社会人の基礎もほとんどない自分がやるのは、難しいでしょうか?(派遣で営業をやろうとしたら、派遣は即戦力を求められるという事だったので)何とか日払いのバイトで食いつなぎ、小さな会社でほぼ新卒として、入社するしかないでしょうか?(続きを読む)



企業年金124万人未払い、総額1544億円に・連合会発表
日本経済新聞
転職した会社員の企業年金の資産を預かる企業年金連合会は5日、60歳以上の受給資格者の約3割にあたる124万人に、本来支払うべき年金を支給していないと発表した。未支給総額は累計で1544億円。転居などで受給者に連絡が取れなくなったのが主因だが、「加入者からの請求が ...(続きを読む)



無料資料請求 資格
資格取得を目指す通信講座を多数開講し FAXやEメールでの回答を実現した「ZISS個別指導」 重要項目をCD・ビデオに収録した「合格方程式」 TVCM放送や厚生労働省指定教育訓練給付講座を多数開講!(続きを読む)



posted by 資格ITについて at 21:42 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。