2007年09月09日

役立つ it 資格

不動産関係の資格試験には、どんなものがあるのでしょうか?


 まず、独立開業できる国家資格としては、建築士、不動産鑑定士、宅地建物取引主任者(宅建)、土地家屋調査士などがあります。

 マンション管理士や管理業務主任者、土地改良換地士、測量士なども、不動産関係の国家試験の一つです。公的資格としては、ビル経営管理士などもあります。


 星の数ほどある資格の中でも、不動産鑑定士の試験の難易度は高く、難関の司法試験や公認会計士試験と並んで「三大国家試験」と評されています。


 不動産業界は、その時代の景気や政治・経済の流れで、大きく変わる業界だからこそ、国から職業的な地位を保障されている国家資格や、社会的な信用度の高い資格は、取っておくと良いでしょう。


 不動産関係の仕事に就くなら絶対に取っておきたい宅建の資格試験は、合格率は20パーセント前後。

 若いうちにチャレンジして、取得しておきたいものです。


ITの資格で今一番役に立つ資格はなんでしょうか?ドットコムマスター取ろうとして...
ITの資格で今一番役に立つ資格はなんでしょうか?ドットコムマスター取ろうとしています(続きを読む)



女性システム管理者の憂鬱:
ITmedia
世の中にあふれているさまざまな資格。その資格取得を目指して研修に参加したり、勉強したり……そんな経験が仕事の現場ではなく、思いも寄らないところで役立つこともある。 このコンテンツは、オンライン・ムック「運用管理の過去・現在・未来」のコンテンツです。 ...(続きを読む)



女性の転職に役立つ資格
キャリアアップをするために、必要とされることは、専門分野での知識や経験とされており、約半数以上の人が、キャリアアップのために自己投資をしているそうで、その目的の約7割が資格の取得のためとなっているそうです。すごいですね! ...(続きを読む)



posted by 資格ITについて at 04:22 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。