2007年09月28日

it 技術者 資格

ワープロ検定とは、日本語ワープロを正しく効率的に使って日本語文書処理を行うための知識・スキルを測定する検定試験で、正式名称は「日本語ワープロ検定試験」。


 ワープロ検定には、年齢制限や受験資格はありません。ワープロ検定は、初段・1級・準1級・2級・準2級・3級・4級の7段階。もちろん初段が一番難易度が高く、入力速度だけとっても10分間に800字以上(一般現代文)が要求されます。


 ワープロ検定の合格率は各級とも50パーセントほどとなっています。


 ワープロ検定は資格試験ではないので、合格したからといって、直接就職にはつながるわけではありませんが、就職・転職に有利に働くことはたしかにあるので、ワープロ検定に合格しておいて損はないでしょう。


大学か専門学校か
大学か専門学校かはじめまして。今回初めて知恵袋を利用させていただきます。私は今高校三年生の女子です。今までずっと将来はIT企業で働きたいので専門学校志望(コンピュータ系)で資格(基本情報技術者など)をとって就職しようと考えてましたがでも、やっぱり学歴は高卒になりますし、2年間でばたばたするより4年間大学で勉強して、資格の勉強もして頑張った方がいいんじゃないかなと思うようになってきたんです。今から勉強しても遅いでしょうか・・・?本当に今更かよって感じですが、みなさんはどう思いますか?大学か専門学校どちらに行った方がいいのでしょう・・・?えらそうに選べる立場じゃないですが;;もちろんどちらにしても、やる気の問題だと思います。ちなみに大学なら行きたいと思っているのは大阪経済大学、阪南大学、摂南大学 のいずれかの経営情報学部です。専門学校なら大阪情報コンピュータ専門学校、大阪情報専門学校、ECCコンピュータ専門学校 など希望です。できれば、どこの大学、専門学校がおすすめかも教えて下さると嬉しいです。よろしくお願いします。(続きを読む)



Linux技術者資格LPICの受験者数が全世界で15万人,国内で8万人を突破
ITpro
Linux技術者向け認定試験「Linux Professional Institute Certification」(以下「LPIC」)を主催する特定非営利活動法人のエルピーアイジャパンは2007年9月27日,全世界のLPICの受験者数が同年8月末時点で15万7000人を超えたと発表した。国内では,8万人を突破した。 ...(続きを読む)



Linux技術者資格LPICの受験者数が全世界で15万人,国内で8万人を突破
Linux技術者向け認定試験「Linux Professional Institute Certification」(以下「LPIC」)を主催する特定非営利活動法人のエルピーアイジャパンは2007年9月27日,全世界のLPICの受験者数が同年8月末時点で15万7000人を超えたと発表した。 ...(続きを読む)



posted by 資格ITについて at 20:26 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。