2007年12月12日

it 資格 情報

語学関係の中でも、英語の資格試験等で有名なものには3つあります。


 まず、TOEIC(トーイック)。

 これは、資格試験ではなく、英語によるコミュニケーション能力を測るテストです。合否ではなく、語学力がスコアで評価されます。

 多くの企業や官公庁等で、昇進・昇格・人事面等において利用されており、700程度のスコアがあると、就職等にも有利だと言われています。


 語学資格で有名なものとして、次に挙げられるのが英検(実用英語技能検定試験)です。

 これは、名前のとおり、実用英語のスキルを判定する試験で、1級から5級まであります。社会的に評価されるのは、2級以上でしょう。


 もう一つの有名な語学試験がTOEFL(トーフル)です。

 これは、英語が母国語でない人が、海外留学して学ぶ際に、現地での英語の授業を受けられるだけの語学力があるかどうかを判定するテストです。これも、TOEIC同様、資格試験ではないので、合否ではなくスコアで評価されます。留学生として入学許可される目安としては、210点程度だと言われています。


 語学の中でも英語の資格は、外資系企業のみならず、幅広い分野の職場で評価される資格です。

 興味のある方は、キャリアップ、スキルアップのためにも、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。


IT系の企業に勤めている方に質問です。
IT系の企業に勤めている方に質問です。http://rikunabi-next.yahoo.co.jp/nisotsu/docs/cd_s00860.jsp?jb_type_long_cd=0500000000のような未経験OKのIT関連の企業に、正社員で、転職したいと考えています。IT業界のデメリットって、どのような物が主ですか?求人情報見ていると良い事ばかりしか書いていないので、なかなかわかりません。あと、下記の項目についての内情を教えて頂けると嬉しいです・趣味でアフィリエイトサイトを運営している程度のスキルしかありませんが、パソコン関係を学んでいくのには抵抗は無く、むしろ好きです。未経験25歳からでも大丈夫でしょうか?・人間関係(体育会系のノリ?人付き合い少ない?ギスギスしている?)・身だしなみ(クールビス有り?1年中スーツ?私服OK?)・未経験の中途社員が、知識を習得していく為の機会や制度は、求人情報に記載されているのを信じてよいのか?・勤務時間(私の現職の勤務時間は約13時間です。残業時間はどの程度?)・給与(将来家族持って生きていける程度には稼げるのか?残業代はでるのか?)・35歳定年説の真偽(役職やポストが変わっても60歳位までは、いちお、働いていけるのか?)・すばり、やばそうなブラック企業(DQN企業)の見分け方は?(続きを読む)



ソフトウエア品質担当者の資格制度を2008年に創設――日科技連が明かす
ITpro
試験が一般化した後、ゆくゆくは経済産業省が実施する情報処理技術者試験制度への組み込みもにらむ。 経済産業省は08年秋季から情報処理技術者試験の刷新を進めるが、 ...(続きを読む)



ガス機器設置スペシャリスト
GSSは「ガス機器設置技能資格制度」に基づく資格です。この制度は、消費者が安全・便利に、かつ快適な生活を実現できるよう、優れた能力を持つ者が施工に当たることを目指し、優秀な設置・施工者(資格者)を育成するためにガス機器の設置に係る業界団体 ...(続きを読む)



posted by 資格ITについて at 03:06 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。