2007年12月12日

企業 求める it 資格

「sun認定Javaプログラマ(SJC-P)」とは、サン・マイクロシステムズ(株)がプログラミング言語であるJavaに関する技術力を認定するために設けた資格制度「Sun Java認定資格」の一種です。


 sun認定Javaプログラマ(SJC-P)は、「Sun Java認定資格」の中では入門的な資格で、受験資格も特に設けられていません。


 sun認定Javaプログラマ(SJC-P)は主に、「他言語での経験はあるが、オブジェクト指向プログラミング言語の経験がなく、アプリケーションをJavaに移植ないし、Javaを守備範囲に加えたいと思っているプログラマ」を対象としており、Javaの包括的な知識およびプログラムの作成のスキルを判定します。


 他の「Sun Java認定資格」のほとんどが、sun認定Javaプログラマ(SJC-P)の取得を受験資格として提示しています。Javaを究めたい方は、まずはこちらを受験しておくといいでしょう。


正社員として、しっかりとやっていける自信がない場合
正社員として、しっかりとやっていける自信がない場合私は28歳、男で、お叱りを受けると思いますが、大学卒業後、2年間、フリーター(資格の勉強をしていたが不合格)で、その後、ITスタッフ派遣企業に就職します(正社員)が、派遣先の人間関係についていけず、4ヶ月で退社。さらにその後、中小企業の新規事業の新規顧客獲得営業の営業マンとして入社しますが、完全に私1人に一任され、右も左もわからず、さんざん悩みながら、7ヶ月働きましたが、結果を出せず、社長からその事業の撤退を申し渡され、それに伴い退職する事になりました。本当に自分の経歴が情けないですし、もっと問題だと思うのは、この年齢なのに、本当に新卒と同じ能力しかない、という事です!営業の7ヶ月間も、最初の3ヶ月は必死でやっていたのですが、あまりの結果の出なさから、モチベーションが下がり、残りの4ヶ月は、悩むばかりで、ロクに活動できていませんでした。誰も何も教えてくれなかったとはいえ、悩むばかりでなく、もっと、なかばやけくそで行動してみるとか。一番の後悔は、会社のメンバーや上司を、どんどん巻き込むぐらいの勢いで仕事をすれば良かった、という事です。そうすれば、何かしら学ぶものはあったはずなのに・・・と。結局、何のスキルも身についてなく、ほぼ新卒と同じ状態なので、転職にしても、かなり厳しいと思うし、何より会社に「売り込む自分」が何もありません。営業職は、不得意かもしれないのですが、営業以外の仕事も何をやっていいかわからず、どんな仕事でも、だいたい営業の要素が強いので、営業しかないと思うのですが、正社員で入社して「年齢のわりに、あまりに何もできないやつ!」「新卒と同じじゃん!」と言われるのが非常に怖いです。後々の人間関係も考えてしまいます。なので、興味ある会社があっても、入社後の不安があるままの面接なので、自信を持って面接できません。なので、期間限定で、一度、派遣で営業をやってみようと思うのですが、どうでしょうか?多分、正社員で入社しても、1から仕事を教えてくれる会社は期待できないと思います。だとしたら「使えないやつ!」と言われるのを覚悟で、派遣なら期間が終われば、そこからは退社できる。最初から開き直って「こんな事もできんのか!」と言われるのを覚悟しながら、自分で1つ1つ覚えていき、自信が付いたら正社員に挑戦しようと思うのですが、どうでしょうか?派遣の方が即戦力を求められるのでしょうか?(続きを読む)



自分探し助けます 米国で激増する「キャリアコーチ」
nikkei BPnet
スポーツジムでランニングマシンを使いこなせないとき、個人トレーナーの応援を求める。そして、ビジネスの世界では、仕事に行き詰りを感じたら『キャリアコーチ(転職 ...(続きを読む)



パソコンの資格について
やみくもにはない人でもありますが求めるスキルに関しては、210分間に伴うニーズの資格を忘れないでしょう。もう一つ。福祉士(P検(宅地建物取引主任者を卒業する必要など、まず、弁護士、最新の資格取得の資格はいきません。また、やはり、企業で評価 ...(続きを読む)



posted by 資格ITについて at 13:15 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。