2007年12月13日

it 資格 比較

ISC(情報システム・コンサルタント)試験とは、「社団法人日本情報システム・ユーザー協会(JUAS)」が認定する資格認定試験で、情報システムに関するコンサルタントの育成と、その活動への支援を目的としています。


 ISC(情報システム・コンサルタント)試験は


(1)経歴審査

(2)論文審査

(3)専門的応用力を評価するための面接審査


 以上の3つの審査方法から成っています。


 ISC(情報システム・コンサルタント)試験の受験資格は、情報システムに関する実務に10年以上従事していること。上記のように、ISC(情報システム・コンサルタント)試験の受験に際しては、蓄積された経験や研究の成果についての論文の提出まで求められることから、まさに「情報システムに関するスペシャリストのための試験」と言えます。



今の状態から、どうしていったらよいでしょうか?
今の状態から、どうしていったらよいでしょうか?僕は28歳、男ですが、ほぼ新卒と同じ状態です。大学入学時に1年浪人し、在学中に1年留年。その後、それを取り返そうと、中小企業診断士の勉強を2年しますが、不合格で、挫折。その後、ITスタッフ派遣企業に入社しますが、面接の時、3ヶ月の自社研修をするという事で入社を決めたのですが、研修も自社で本を読んで、自分たちで勉強するだけ、というスタイルで、3ヶ月の研修予定も、実際は1ヶ月しかなく、1ヶ月で派遣先に派遣され、3ヶ月間、電話応対と、エクセルの顧客リストを編集するという業務の経験しかありません。このままでは何のスキルも身につかないと感じ、派遣期間終了後に退社。その後、会社経営をしている父が、ある上場企業と提携し、美容院にフェイシャルエステを導入する事業を始めるという事で、その新規顧客開拓営業マンとして、父の会社に入社しました。ところが、ここでも、その事業の企画自体は提携会社によるもので、うちの会社はその営業を担当するという事業だったのですが、提携会社での研修もまるでなく、その企画自体の説明も書類での説明のみで、いわば商品(事業)知識も書類で勉強しただけで、営業マン研修も何もありませんでした。父の会社でも、営業のノウハウが何もなく、かつ私1人に完全に任せられていて、私はDMの送り方も知らなく、ネットなどで調べたりしましたが、よくわからなく、結局、飛び込みのみでやっていた状態でした。右も左もわからないまま、半年程やりましたが、1件も契約が取れず(高額な契約という事もあったのですが)父から事業撤退を申し渡され、それに伴い退社しました。現在、無職で、これから、この年齢で、どうしていこうか、頭を抱えています。営業は向かない事がよくわかったのですが、事務の資格も何もないし、営業でも、何のノウハウも身についてなく、何かの業界の経験も、ほぼ皆無に等しい。そもそも、社会人としての基礎が全くありません。これからどうしていけばよいか、途方にくれています。なおかつ、転職活動をする資金も足りないので、何とかしたいのですが、派遣社員で営業をやってみようかと思ったのですが、やはり社会人の基礎もほとんどない自分がやるのは、難しいでしょうか?(派遣で営業をやろうとしたら、派遣は即戦力を求められるという事だったので)何とか日払いのバイトで食いつなぎ、小さな会社でほぼ新卒として、入社するしかないでしょうか?(続きを読む)



経営に生かすITガバナンス (1) 間近に迫ったIT統制 - 今からどのように間に合わせるか
マイコミジャーナル
例えば、システム監査技術者やCISA(公認情報システム監査人)などの有資格者がIT統制の専門家だといえる。しかし、こうした専門家が社内にいる企業は多くないので、外部 ...(続きを読む)



資格 試験 コンピュータ:コンピュータ系の資格試験について
コンピュータ系の資格試験は、 1システムアナリスト試験(AN) 2プロジェクトマネージャー試験(PM) 3アプリケーションエンジニア試験(AE) 4ソフトウェア開発技術者試験(SW) 5テクニカルエンジニア試験(ネットワーク)(NW) ...(続きを読む)



posted by 資格ITについて at 04:19 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。