2007年12月17日

役立つ it 資格

CADとは「Computer Aided Design(コンピュータ エイテッド デザイン/コンピュータ支援設計)」の略で、コンピュータを用いて自動車や機械、建築物などの設計・製図を行うシステムを指します。


 CADは近年では、CADソフトウェアやコンピュータ本体の進化に伴い、実務経験がなくとも習得できる技術・技能となり、その技能試験も実施されています。そして企業などの側でも、CAD技術者を必要としています。


 CADに関連した試験で最も認知度が高いものに「CAD利用技術者試験」があります。特にCAD利用技術者の1級に合格している場合、就職や転職に有利に働くことも多いようです。



ITの資格で今一番役に立つ資格はなんでしょうか?ドットコムマスター取ろうとして...
ITの資格で今一番役に立つ資格はなんでしょうか?ドットコムマスター取ろうとしています(続きを読む)



5中銀の緊急流動性対策に関するFRB声明
ロイター
各地区連銀が財務状況は概ね健全と判断し、かつプライマリー・クレジット・ディスカウント・プログラムによる借入資格がある全ての預金金融機関は、TAF入札に参加 ...(続きを読む)



営業効果で見る「役立つ資格」(ベンダー系資格)
ベンダー系資格の営業効果の結果は、製品シェアやパートナー企業に対する影響力の強さに左右されやすい。例えば営業効果を見ると、インフラ分野で圧倒的なシェアを持つ日本オラクルのデータベース製品とシスコのネットワーク機器向け資格が、4位までを ...(続きを読む)



posted by 資格ITについて at 01:01 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。